北海道ザウルスJrレースを中心に参戦するモータースポーツ馬鹿(笑)のお気楽ブログ★しばらくTBはexciteユーザーに限らせて頂きます。ご了承ください。


by tonyfish_srl
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お知らせ

こちらには久々の書き込みになります。

しばらく放置状態のホームページを閉鎖する事に致しました。

時間が取れなくなったのも大きいですが、PCが吹っ飛んで更新環境の再構築が
困難になったのが理由です・・3/11でレンタルサーバーから抹消される予定です。

ここ数年は更新も無く、訪問者も殆どない状態だったかとは思いますが、
ひとまず今までお越し頂いた皆様に御礼申し上げます。


f0054466_511068.png


★ドメインだけは記念に?もうしばらく維持しておこうと思います。
奇跡の復活があったら、笑ってやってください。
[PR]
# by tonyfish_srl | 2013-03-10 05:13 | その他

明けちゃいましたけど

おめでとうございます(汗)

いや、こっちには久々登場です。

・・だって、忙しいんだもん!!

思いっきり言い訳してみました。

が、これを書いているのも、亜細亜圏某国のホテルで「四川風?」
カップラーメンを食しながら、なのですから・・

昨年は、存続の危機?だった北海道ザウルスJrレースも無事開催され、
私も、内容はともかく、4度目のチャンピオンを獲得する事が出来ました。

が、シリーズが終わった直後から、仕事の中身も立場も思いっきり厳しくなり・・

という訳で、新年4日から海外出張中な訳です(涙)。

という訳で今シーズンですが、昨年の夏頃はVITAでも・・なんて思ってましたが、
今年は「そもそも何回乗れるの?」ってな状況になるかも知れません。

ああ、まず氷上走りたいなあ・・そのまえに、早く日本に帰りたい・・
[PR]
# by tonyfish_srl | 2011-01-04 23:37 | その他
こちらではご無沙汰しております(笑)。

いや、「こっちにもちゃんと書け!」という声もあったもんで・・


という訳で、昨年の「騒動」を乗り越えて、今年も十勝のレースシーンが始まりました。
私も無事に?今年の開幕戦のグリッドに辿り着きました。


f0054466_1591142.jpg



個人的な事で言えば、2003年の7月から本格的に帯広通いを初めて、はや8年目。
この開幕戦で、通算27戦目を迎えました。

「いい加減他のカテゴリーに行け!」って声も無くは無いのですが・・

こうやって書くと改めて、長い間北海道でレースさせて貰ってる事に気が付きます。

ホント、有り難い限りです。

残念ながら、開幕戦はどのカテゴリーも昨年の「騒動」の影響もあってか、台数が減って
しまっています。

ザウルスも例外ではありませんでした。


f0054466_2105934.jpg



私も正直言えば、少々「燃え尽き症候群」気味!? 今年は休んで来年違うカテゴリーに・・
なんて思う事もありました。

しかし、台数が減った時期だからこそ、次の世代まで北海道のレースが継続する為の
一助になればと、参加を続ける意味もあるのかな? と思い始めました。

少々ぶっちゃけトーク的言い方をすれば「台数確保」って事ですが(笑)。


という訳で、開幕戦は少々寂しい6台でのレースとはなりましたが、今回デビュー
の大型ルーキー&2年目の選手を中心に、表彰台を懸けて毎周順位が入れ替わる、
4台での大盛り上がりバトルを展開しました。


f0054466_2174243.jpg



f0054466_219295.jpg



こうやって写真でレース展開を追っても、何度順位が入れ替わったか分からないです(笑)。

以外と抜けないVitzより、こっちの方がレース展開は明らかに楽しいです。
是非一度、お近くの方は生でレースを見て頂きたいなぁ、と思います。

それで興味を持ったなら、是非一度スクールなりレンタルなりで、十勝でザウルスJrに
乗ってみて頂ければ、とっても有り難く思います。

どっかの誰かが8年も北海道に通う理由も、多少はご理解頂けるかと・・(笑)



f0054466_2284446.jpg



最後に「諦めの悪いどっかの誰かさん」は、予選で締まらない走りながらポール、
決勝は「さらに締まりの無い走り」でしたが、後ろが前記の様にバトルをしてくれた
事もあって、何とか優勝出来ました・・

これで通算10勝目。改めて長い事やってるなぁ・・と感慨も深く、であります。はい。
[PR]
# by tonyfish_srl | 2010-05-26 02:37 | レースネタ

何故氷上は楽しいのか?

え〜、またまた放置ですみません。

今月は一ヶ月の半分以上を海外出張で過ごしました。

と言っても「アジアドサ回りツアー」なので、美味しい思いなど何一つ無い、
ひたすら面倒なだけの出張でした。

まあ、最近ここをチェックしている方も少ないでしょうけど・・(笑)

という訳で、久々のロードスター日記です。

と言っても、NCの方では無く、かつての愛車「黄色号」をお借りして、TISの
氷上走行会に参加して来ました。


f0054466_1583842.jpg



と、今年も性懲りも無く、スパイクタイヤでの滑走を求めてわざわざ氷点下の場所に
出かける訳ですが・・

単に低リスクで滑らせて遊ぶだけならダートでも良い訳ですし、昔と違って舗装で安全に
ドリフト練習出来る場所もあるのですが・・

スパイクタイヤは舗装用タイヤと異なり「ある程度空転させて路面をひっかかないと」
グリップもトラクションも完全には活かせません。

ダート用タイヤもある程度この性格なので「舗装よりは滑らせないと」速く走れません。

でも、なんか感覚が異なるんですよね。

氷の上の方がやっぱり「滑りが壮快」な感じがするのですが・・

なんでだろう??

まあ、刺さらない限り、クルマへのダメージは一番少ないのは事実ですが(笑)。


f0054466_283683.jpg

[PR]
# by tonyfish_srl | 2010-02-24 02:09 | ロードスター日記

K4GP 富士9時間耐久

2010年も既に一ヶ月経ってしまいましたが(汗)、新年一発目の参戦記です。

1/24、K4GP富士9時間耐久レースに参加して参りました。

関東在中の私ですが富士をマジメに走行するのは、実はこれが初めてだったりします(笑)。


f0054466_23241146.jpg



今回乗ったのは、この通称「NSJ936」=ザウルスJrにポルシェ936風カウルを被せたものですが・・これ、中身は昨年セパンで載せて頂いたクルマそのものです。

セパンの時も書きましたがこのクルマ、とにかく私と相性が悪いらしく、私が乗ると5速が全く入ってくれず、セパンの時に大泣きさせられた苦い経験を持ってます。


レース一週間前、富士で合同テストがあったのですが、今回はこのクルマのオーナー様、あまりの不甲斐無さにあきれたのか、同情してくれたのか?5速が少しでも入り安くなる様に対策してくれていました。


f0054466_23343991.jpg



結果は、タッチは重いものの何とか私でも5速に入れられる事が確認出来、「セパンの借りを替えせるかも?」と、個人的に期待の持てるものでした。


f0054466_23321638.jpg



という訳でレース当日の朝、9時間耐久なのにワンデーレース、ゲートオープンはAM4:00、起床時間AM1:00・・って事は全く前夜は寝てないのですが、清々しくもとっても寒い、富士の朝です。とってもきれいだった富士山の写真は時間が無くて撮れませんでしたが・・



f0054466_23373519.jpg
    


ダミーグリッドでの我がチーム・・って、なんで誰もいないんだろう?

我がチームは「チームオーナーI選手」をスタートドライバーに、「実は私が筑波のレースにスポット参戦した時サポートしてくれたA選手」「富士初レースの私」「マーチカップ某選手のライバルH選手」、というローテーションで9時間耐久レースに挑みます。

当然、予選は無しです。グリッドはおおよそ?クラスごとに固まり、その中で「主催者が適当に決めた?」様です・・まあ、9時間耐久なんでスタート順なんて関係無いんですが、「一周目の1コーナーで先頭で無いと、写真に映らないんだよねぇ・・」とぼやくオーナーI選手(笑)。

AM8:00にローリングスタート後、オーナーI選手は「冷え冷え路面」と燃費を気遣いつつ順調にクラス2〜3位を走り、予定通り「A選手」バトンタッチ。

したまでは良かったのですが・・

主催者からの急なルール変更に関する連絡の行き違いで(我々にだけ変更が伝えられてなかった)、「A選手」はピットレーン出口でオフィシャルにコースインを制止されてしまった!・・10分位=5周前後はロスしたでしょうか?

当然抗議したのですが受け付けられず・・開始一時間で早くも大きく先頭から遅れてしまう事になってしまいました。


f0054466_23401284.jpg

      

その後私含めローテーションが一巡し、燃費を再計算すると、コースがテスト日と変わったせいか(ダンロップコーナーのシケインの外側の迂回路使用)、また予定外の10分間のストップもあって当初予定より燃料が余っている事が判明・・

ここで我がチームオーナーよりペースアップ指令!


私の2スティント目、ペースアップしつつもホントの全開は燃費的に無理なので、1スティント目より3秒程度タイムアップをメドにして走っていたら、サインボードから「↑」のサインが・・(笑)


f0054466_23451874.jpg

      

という訳で、もうちょっと踏んで、ベストもアベレージも1スティント目から一気に5秒近く速く走って、次の「H選手も」同様にペースアップし、一時クラス5位以下まで落ちた順位も3位まで挽回。

で、私の乗車は2スティントで終わる予定だったのですが、オーナーより「もう一回乗って、もっと速く走って前との差を詰めて来い!」との指令が・・

という訳で、PM3:45に急遽3スティント目に突入・・


f0054466_2346558.jpg

      

夕方になり、西日のまぶしい「旧A&Bコーナー」と格闘しつつ、さらにタイムを1秒削って(この時のタイムがファステストらしいです)、別クラスのクルマをかき分けつつ、ベストと1秒差程度のタイムをしばらく並べて、必死に前を追いましたが・・

「入る様にはなったけど、やっぱり私には重たい5速」に右手が根をあげたのか(笑)、一回シフトミスしてから、心が折れました・・


最後はぼろぼろでしたが、何とかアンカー「A選手」にバトンをつなぎます。



f0054466_23481493.jpg
     


そしてPM5:00を数分過ぎて無事チェッカー。結果はGP-5クラス2位、表彰は無いけど総合では6位でした。

最初に大きなハンデを背負い込んだものの、諦めず追い上げた結果です。


ちなみにクラス1位との差は4周、総合1位との差が確か6周・・って、あの「ピット出口事件」が無かったら、ひょっとして!?


・・我々は「富士にも」忘れ物をしてしまった様です(笑)
[PR]
# by tonyfish_srl | 2010-01-31 23:52 | レースネタ

年末のご挨拶

という訳で、またまた放置気味の本ブログでしたが、今年一年お世話になった皆様、
どうもありがとうございました。

途中から「観戦記」ばかりの「旅行ブログ」になってしまいましたが、どうも「あっち」
と内容が被らない様にすると・・言い訳です(笑)。

今年は厄年のせいなのか? レースは2ポイント差でタイトルを逃し、レース以外でも
「○に2度も○▼れたり!!」とか、あまり良い一年ではありませんでした。

来年は後厄なので、少し上向いてくれると良いのですが・・

来年は、実はまだ本業のカレンダーが確定してなく、レース予定もまだ未定なのですが、
一応、いままで同様の体制で参戦予定です。

世の中不景気やら何やら暗いことばかりですが、来年こそは明るい年にしたいもんです、はい。

という訳で、皆様、良い年をお迎え下さいませ。


f0054466_16174668.jpg

[PR]
# by tonyfish_srl | 2009-12-31 16:20 | その他
あっちにも書きましたが、忙しい事への反動やら何やらと色々かこつけて(謎)、ついに念願の?マカオGPを観戦する事が出来ました。

という訳で、あっちとは別バージョンにてお届けします、マカオGP観戦記。


マカオ&香港は、前の会社に居た頃「大陸出張でのストレス発散?」の為に何度か訪れた事があるのですが、今回の様なノープレッシャー(笑)な渡航は初めてです。

今回は香港に宿を取った都合、というより、GPの時期のマカオの宿は普段の倍の値段に跳ね上がるらしく・・という事で、香港を起点に毎日フェリーでマカオに通勤する事にしました。

ちなみに、諸々の事情で観戦チケットを押さえたのは出発3日前、宿に至っては出発前日にFixという、いつにも増してのドタバタ紀行です・・


f0054466_23322685.jpg


非常にベタな写真ですが(笑)、香港入国初日の夕方に撮った「九龍のStar Ferry Pier」脇から見た、ビクトリアハーバー=中環のビル街。渡航歴だけで言ったら香港は恐らく10回近くになるのですが、こうしたベタな光景を見に行けたのは初めてでした(笑)。


f0054466_23373149.jpg


その日の夕食は、尖沙咀のキンバリーロード北側の路地を入った、この「ナッツフォードテラス」にある、とあるイタ飯屋さん。初めて行ったのですが、ちょっとSOHOっぽい? ここも香港在住の欧州人が多くやって来る場所で、現代香港のミックスカルチャーの姿のひとつ、でしょうか?ちなみにパスタ食べたのですが、かつての「香港名物?ふにゃふにゃパスタ」って事は無かったですが、ニンニクの量がハンパ無い!大陸風味??(笑)。まあでも、結構旨かったです。

f0054466_23171246.jpg




で、翌土曜と日曜、2日間、レース観戦して来ました。


f0054466_23542572.jpg




マカオも渡航した回数だけはそこそこあるのですが、こんなにじっくり歩いたのは初めてでした。何故かと言うと・・



f0054466_23492678.jpg



どうしても、スタンド=海側と反対の、狭くツイスティなマウンテンセクションでの「ガードレールすれすれコーナリング」を「寄り」で見たかったから!!

一応、普通のギャラリーはスタンド席でしか観戦出来ない事になってますが、そこはまあ、あちらの国ですから(笑)、探すとあるものなんですよ、近くで覗き見出来る場所が。

探し歩きましたよ。1時間と30分。2輪の決勝もろくずっぽ見ずに・・

その甲斐あって、写真的にはバックショットオンリーですけど、こんなに「素敵な」場所が見つかりました。しかも「タダ見」(笑)。


f0054466_0452737.jpg


ちょっと手前の金網の支柱が邪魔ですけど、これこそ市街地コース。

そう、これ、これがどうしても見たかったのです。

まあ、コースサイドで警備している警察官のご機嫌を損ねない様に、なので、ガードレールべったり、という訳には行きませんが、それでもガードレールから10メートルも離れてない!所まで寄っても何にも言われないのは、何とまあ、寛大なおまわりさんなんでしょう?

たまたま運が良かっただけかも知れませんが・・


f0054466_23571010.jpg


この場所で見れたのは土曜のF-BMWの予選だけでしたけど、正直、ここで見た時の迫力と緊迫感のせいで、せっかく苦労して(しかも一番チケット代も高い)取った翌日のリスボアスタンドもやや色あせてしまったのが残念でした(笑)。

最も、この日走らなかったWTCCのハチャメチャ振りに、翌日のリスボアでの観戦も「イベントとして」大いに楽しめたのですが・・


翌日の日曜、WTCCとF3の決勝レースがありました。かたやWTCCはチャンピオン決定戦、かたや「F3世界一決定戦」、熱くならない訳がありません。しかもここはストレートを高速コーナーで結んだ高速の海側の「ドン突き」、あの有名な「リスボアベンド」。当然、何も起らない訳がありません。

で・・・


f0054466_143091.jpg


・・・寄せる。


f0054466_154661.jpg


・・・寄せる。


・・・そんでもって・・


f0054466_110439.jpg


・・・釣られる。


f0054466_18995.jpg


・・・また釣られる(笑)。

で、何か起こる度に、もちろん「大陸系の大歓声!!」(笑)

しかしリスボアのオフィシャル、「アクシデント慣れ」してると言うか、「歴戦の強者ぞろい」と言うべきか!?仕事が早い! 実はリスボア起因のSC導入は、日曜のWTCC&F3の決勝中は一度も無し。アクシデントの都度、猛烈なスピードで事故処理してきます。

そしてSCにならずに撤収完了したら、またまたオフィシャルに対して「大陸系の大歓声!!」

何か、レースを知らないのか?知ってるのか?良く分からない客層なんです(笑)。

まあ、この地域では年に一度のビックレースですから、「お祭りノリ」も大事なんでしょうね。



f0054466_124824.jpg


この様にアクシデント多数、クルマは何台も全損になったけど、無事に??最後のF3の決勝レースも終了したその夕刻・・



f0054466_1272576.jpg


コースオープンになったので、リスボアベンドのアウト側のプレス用スタンドからコースを眺めてみました・・いや、やっぱり写真撮るなら、プレススタンドだな!(笑)じゃ無くて、こうやって見ると、シンガポールの様にマカオもナイトレースやったら、少なくとも海側は結構映えるのでは?なんて思ったりもします。

さらにリスボアの先まで歩いてみます・・


f0054466_1341494.jpg


ここはリスボア先の右コーナーの立ち上がり、「サンフランシスコ・ヒル」です。名前の通り、かなりの登りです。歩くと良く分かるのですが、マカオは非常に狭い地区ですが、かなりアップダウンのある地形。ここを背の高いガードレールで仕切った、狭い、ブラインドだらけのコース・・

ホント、無事に走り切れるだけで大変なコース&レースって事が、コースを歩くと良く分かります。

と、言う訳で、日本では見れない市街地サーキットでのレース、しかも私にとっての「因縁の地?」マカオでの歴史的イベント、大変楽しめました。

上手くやれば、鈴鹿のF1のチケット代位で航空券入手可能と意外とお手頃(私の今回のチケットもJAL成田-香港往復4万円台。探せばもっと安いチケットもあるかも?)、日本からも近く、今回あまり紹介出来ませんが食べ物も美味しく、亜熱帯にも関わらずこの時期は湿度も低く雨も少なく(って言うか、今回は珍しく少し肌寒い位!)・・

という訳でマカオGP観戦、とってもお勧めです!
[PR]
# by tonyfish_srl | 2009-11-30 23:59 | 観戦記

新城ラリー

最近すっかり放置プレーが「板」に付いて来ました。

しばらく深夜業と休日出勤の連続で・・言い訳です(笑)

しばらく前の事ですが新城ラリーを見て来ました。「あっちに貼った」写真ばかりですが、日記で使わなかったものを中心に、こちらにも少し貼っておきます。



f0054466_255670.jpg


f0054466_255274.jpg


ターマックラリー初観戦だったのですが、グラベルではまずお目に掛かれない、そもそも極めて珍しいロータスのラリー仕様です。意外とランプポッドが似合ってる気もしますが・・

ちなみにレフ板持っているのは「ラリホ写真講座」でもお世話になった、WRC PLUS誌の「タケブッチャン」さんです(笑)。



で、もひとつターマックならでは?の珍しい競技車がこちら。


f0054466_335650.jpg


f0054466_3422100.jpg


ルノークリオのラリー車です。最もヨーロッパでは競技車としてもポピュラーらしく、ルノースポールから競技用パーツが各種発売されているそうです。こういうの、私結構好きです(笑)。


今回の「スローシャッター」。


f0054466_312241.jpg


と言っても1/50なんですが(笑)。もうちょっと「引き」で撮るか、もっとシャッター速度を落としたかったところですが・・(腕が無し)。そもそも林の切れ間から光が当たったり当たらなかったり、なおかつ全般的に暗い為、感度&露出は迷いました。絞りたいのに絞れない、みたいな・・



ターマック仕様でシャコタンにするとちょっと格好良い!? ダイハツBOONです。


f0054466_3175220.jpg


構図的にはこの位引きで撮るのが良かった気もしますが、これは切れ間からちょうど強い光が当たったところで、ホントはもう少し絞りたいところです。

ってか、腕もあるけど、さすがにレンズのしょぼさはこのサイズでも顕著だな・・



一部ではすっかり有名になった「痛いラリー車」です(笑)。

f0054466_3244662.jpg


このクルーのナビのNさん、某有名チューニング誌に連載を持ってらっしゃるのですが、実はラリホで私が撮影した「メロン号」の写真をその連載で使わせてくれませんか?と問い合わせを頂いた事がありまして・・

残念ながら「大人の事情」で、実現しなかったのですが・・



新城ラリーはオールターマックなので、基本的に土とは無縁のはずなのですが・・


f0054466_33752.jpg


前方ゼッケンの4駆ターボが盛大にインカットして行くので、後方ゼッケンにはご覧の通り、砂利だらけのコーナーが出現し、行く手を阻みます。

で・・


f0054466_3343122.jpg


残念ながら砂利に足をすくわれ、後方ゼッケンで側溝に落ちるクルマも何台かいました。SS後に引き上げられて自走出来たのは幸いでしたが・・


と、初のターマックラリーでしたが、ターマックならではの珍しいクルマも見れて、結構楽しかったです。

でも、「グラベルの方が迫力あって良いなあ」って少し思ったのも事実です(笑)。
[PR]
# by tonyfish_srl | 2009-10-10 03:44 | 観戦記

TISは終わってません!!

またまた一ヶ月振りの登場です(汗)。

8/25にザウルスJrレース最終戦がありました。例年より一ヶ月以上早い最終戦です。

結果は優勝! しかもチーム初の1-2フィニッシュ達成!! とっても良いレースでした。しかし、前戦のチョンボが響き、シリーズは2ポイント差で2位で終わりました・・


f0054466_2151180.jpg



悔しいので、己を鍛え直す為に秋に「西の方のサーキット」で行われている、とある「スパルタ系?」スクールで特訓して来る事にしました(謎)。詳細はまたいずれ・・

で、今回はそんな事はどうでも良くて・・

大手モータースポーツサイトにも掲載されましたが、TISの所有会社である十勝モーターパークの破産手続開始の決定が裁判所より下された事が8/31に報じられました。

今年の最終戦がこんなに早い時期だったのは、この事が原因でした。最悪、9月以降、サーキットの使用はおろか出入りさえ出来なくなる公算大、でした。

私らザウルスJrレースのエントラントも、サーキットに預けてあるクルマや備品類を、レース終了後に慌てて搬出したりしました。

ところが・・

明けて9/1、破産管財人の「サーキットを営業しておいた方が、施設管理の面からも資産価値を維持出来る」との判断が下り、急転直下、9/13からのサーキット営業再開が決定されました!!


大手モタスポサイト様、こっちのニュースもちゃんと掲載して下さいね!!もう地元新聞系サイトにはちゃんと載っているんだから・・

今年中は、24時間レースが休止された事を除けば、結果的にほぼ例年通りの北海道のサーキットシーズンが維持される事になりました。

来年以降の営業に関しては、サーキットの所有者が誰になるのか含め、残念ながらまだ未定な状況です。しかしながら、今回の破産管財人の判断で、少し明るい兆しが見えて来ました。

と言う訳で、来年もきっと、あるよね、北海道ザウルスJrレース!?



f0054466_2294182.jpg

[PR]
# by tonyfish_srl | 2009-09-03 02:37 | レースネタ
またまた放置ですみませんです。

色々ネタはあったのですが、ネタとネタの間の仕事がまあ忙しい事・・

見事に惨敗した先月のザウルスJrレース第2&3戦の詳細も書かなければならないのですが、それは10日後の最終戦の前に「モチベーションを上げる為に?」書くとして・・

そのレースの一週間前、ラリー北海道に行ってきました。

目的は「WRC PLUS主催 小林直樹写真講座」に参加する事でした。あっちには書いたのでご存知の方もいらっしゃると思いますが・・

その時に撮影した写真が、8月10日発売のWRC PLUS誌最新号に掲載されています。

まあ、大した出来では無いのですが(汗)、こっちにも載せてみます。

小林さん&編集部の方々には本当に色々お世話になったので付け加えますが、「是非WRC PLUS誌も買って!」見て頂ければ幸いです(笑)。


f0054466_0595740.jpg



プレスゾーンで撮影させて貰えるという事と(素人がFIAイベントでプレスゾーンで撮影出来るなんて、まずあり得ない事です)、今まで自己流で撮ってきたので、一度プロの方に習ってみたいと思った事が参加した理由でありました。

で、色々小林直樹さんにお聞きしたのですが、思ったのは「基本は大事」という事。

小林さん曰く・・

「まず、クルマをきちんと止めて(ブレ無く)撮ってみよう。」

特にグラベルラリーは舗装と違い常にクルマが小刻みに上下動しているので、必要ならシャッター速度も1/640秒程度と思い切り上げて(それで暗いならISO感度を上げてでも、という事。今時のデジ一眼なら少々感度を上げてもノイズは殆ど気にならないという事)、ブレを押さえましょう。という事です。で・・


「この時、箱車の場合はピントはフロントグリル部に合わせる事」

いずれも基本中の基本です。

この他にも構図や絞りの考え方、ラリーならではの背景の生かし方等色々と教えて頂きましたが、まずは基本を大事に、という事です。これらの基本はラリーに限らず「クルマ走りモノ写真全般」に当てはまる事ですので・・


f0054466_1235562.jpg


そういう意味で、ブレ気味を承知で敢えてスローシャッターで流したこの写真、個人的には好きなんですけど。フロントグリル部か右ヘッドライト部にピンが来ていない事が(ドア部のポールが邪魔なので、その時点でNGですけど)が要改善&修行ポイントだったりします。

立ち位置とAFの測距点をズラすだけで改善できたのですけど、こういう気配りを持ってシャッターを切る前に組立てる事が大事な様です。


という訳で、小林さんの教えを叩き込む為、来月ラリー新城にでも行ってみようかなあ?なんて思ってます。

ターマックラリーだけど(笑)。
[PR]
# by tonyfish_srl | 2009-08-12 01:35 | 観戦記